知識, 葬儀・葬祭の知識

初七日忌について

初七日忌は、故人が三途の川のほとりにたどり着く日とされています。
この日に故人が川の激流、急流、緩流のいずれかを渡るべきか
裁判によって決まるため
故人が緩流を渡れるようにと願って営むのが初七日法要です。
また、最近では遺族・親族が集まっている葬儀の後に営まれることが一般的になりました。
■初七日法要チェック
 ①葬儀当日に初七日法要を予定するかどうか決めます。
 ②お寺様に葬儀当日に初七日法要を予定することを相談します。
 ③参列者人数を決めます。
 ④法要後の精進あげの料理を手配します。
 ⑤初七日返礼品を準備します。(商品種類、個数)

Tags:
Posted on | Posted in 知識, 葬儀・葬祭の知識 | Comments Closed

Related Posts

関連する記事はありません