知識, 葬儀・葬祭の知識

やるべきこと

もしものときの5つの準備

  • 葬儀社の決定
  • 参列者の予測
  • 緊急連絡先名簿の作成
  • 遺影写真の決定
  • 住所・本籍を正確に調べておく
 

1.葬儀社の決定

 

■もしものとき‥のために葬儀社をあらかじめ決めておきましょう。

会館のチェック項目(参考)
  • 立地・交通の便は?
  • 自宅からの距離は?
  • 会館周り・外観は掃除が行き届いているか?
  • ロビーは清潔か?
  • 担当者のあいさつは好感が持てたか?
  • 駐車場は充分にあるか?
  • 設備の使い勝手は?
  • 控室は人数分の広さがあるか?
  • 誠意を持って一生懸命対応してもらえているか?
 

2.参列者の予測

 

参列者の予測とは、お通夜・お葬儀にご参列いただく人数の予測です。
これによって、式場の広さや返礼品の数量、また料理(おとき料理や通夜料理・精進あげ料理)の準備数をつかむことができます。

参列者の予測イメージ


 

3.緊急連絡先の名簿を作成しておきましょう。

 

■もしもの時のために、年賀状・電話帳などから、連絡先をリストアップしておきましょう


 
  • 会社の名簿
  • 年賀状
  • 同窓会の名簿、など
 

ご親族以外は、お通夜・お葬儀の日程が決まってから連絡した方がよい。
実際に連絡するときは連絡網を作っておくとスムーズ。
ファックスやメールで知らせる方法もあります。


 
遺影イメージ

4.遺影写真を選んでおきましょう

■遺影写真は祭壇に飾りますので、ご参列の方がご覧になります。遺影写真は後に残ります。


  • ピントが合っているもの。
  • ご本人が大きく写っているもの。
  • ご本人らしさが現れているもの。

5.住所・本籍等をきちんと調べておきましょう

 

■役所への死亡届に必要な情報


 

【故人の情報】生年月日、現住所、本籍、筆頭者
【届出人の情報】生年月日、現住所、本籍、筆頭者


Posted on | Posted in 知識, 葬儀・葬祭の知識 | No Comments »

Related Posts