法事・法要, 知識, 葬儀・葬祭の知識

法事の開催日について

日程を検討する際
法要の日が平日だったり、集まるのが難しい場合は
直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的のようです。

また、4の付く日や大安についても特に差し支えはありません。
(もしご親族の中でそういったことが気になる方がいれば、他の日を検討したほうが無難かも‥)

 

法事の日程は、よく「日を過ぎてはいけない」といわれますが
これにはとくに理由はありません。
日を遅らせると粗略なイメージがあったり
仏事を忘れてしまうことがないようにと
先人からの戒めだったりするから、なのではないでしょうか。

「お祝い事は、祝い延ばし」といい良いことだと聞きます。
このことから仏様のことを第一に考え
私たちのことは後に回しても構わないという先人からの言葉として
受け止められてはいかがでしょうか。

Related Posts