法事・法要

中陰(ちゅういん)と満中陰(まんちゅういん)とは?

仏教では
人が亡くなってから浄土へ行って
次の生を受けるまでの間が中陰(ちゅういん)といわれ
この期間が四十九日であり
七日ごとにお寺様にお参りいただき「忌日法要」をします。

最初の忌日は
なくなってから七日後の初七日です。
以降、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(しなのか)
五七日(ごしちび)、六七日(むなのか)の忌日法要を経て
忌明け(七七日・四十九日)法要を営んで満中陰(まんちゅういん)となります。

なお、宗旨の一つである
浄土真宗ではご臨終と同時に極楽往生すると考えられてますので
中陰の法要の意味は故人を偲び、仏法に接するものと考えます。

 

法事の開催日について

日程を検討する際
法要の日が平日だったり、集まるのが難しい場合は
直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的のようです。

また、4の付く日や大安についても特に差し支えはありません。
(もしご親族の中でそういったことが気になる方がいれば、他の日を検討したほうが無難かも‥)

 

法事の日程は、よく「日を過ぎてはいけない」といわれますが
これにはとくに理由はありません。
日を遅らせると粗略なイメージがあったり
仏事を忘れてしまうことがないようにと
先人からの戒めだったりするから、なのではないでしょうか。

「お祝い事は、祝い延ばし」といい良いことだと聞きます。
このことから仏様のことを第一に考え
私たちのことは後に回しても構わないという先人からの言葉として
受け止められてはいかがでしょうか。

 

神道の法事(霊祭)

神道の場合は法事と呼ばず
霊祭(みたままつり)と呼ばれます。
霊祭を行う日を斎日(いみび)といい
亡くなった日から数えて十日ごとに行います。
霊祭は神社ではなく自宅や墓地、斎場で行います。

百日祭までの霊祭は
墓前または祭壇に故人の好物などを供え
神官に祝詞(のりと)奏上してもらい
玉串奉典(たなぐしほうてん)などの神事を行います。

十日祭
仏式の初七日に当たります。親族、知人を招き神職による祭儀を行います。

二十日祭
一般的に省略されることが多いようです。

三十日祭
仏式の三十五日にあたります。

四十日祭
一般的に省略されることが多いようです。

五十日祭
仏式の四十九日法要と同じく忌明けとされます。
「清祓い(きよはらい)の儀」の後に霊璽(れいじ)を御霊舎(みたまや)に移して祀る
合祀祭(ごうしさい)も併せて行うことが多いようです。

百日祭
亡くなって百日目に行われます。

式年祭
故人の祥月命日に行う儀式で、仏式の年忌法要にあたります。
一年歳、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭
三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きますが
一般に行事が行われるのは五十年祭まで。
とくに一、三、五、十年祭は盛大に行われます。

Posted in 法事・法要, 神道 | Comments Closed

 

キリスト教の法事

キリスト教 カトリック

キリスト教の場合仏式の法要にあたるものをカトリックでは追悼ミサといいます。
亡くなって3日目、7日目、30日目に
教会で親族、友人、知人を招いて追悼ミサが行われます。
その後、1年後の昇天祭(命日)に盛大に死者記念のミサを行います。
以後、とくに決まりはありませんが
10年目、20年目に盛大なミサを行う場合があります。
追悼ミサでは
聖歌の斉唱、祈祷、聖書の朗読などが行われます。
ミサの後は別室や自宅で茶話会などが開かれることが多いようです。

キリスト教 プロテスタント

故人の死後、1ヵ月後の昇天記念日に自宅や教会で記念集会を行います。
自宅で行う場合は、祭壇を作り遺影と花を飾ります。
牧師、親族、友人、知人を招き、一同が祈りを捧げ
礼拝が終われば追悼のための茶話会を開きます。
その後は、1年目、三年目、7年目の昇天記念日に教会で追悼の記念集会が開かれます。
キリスト教では
故人を祀る特別な慣わしはありませんが
十字架やマリア像を飾ったり
家庭用の小さな祭壇を置く場合があります。
思い出の写真を飾り、故人の好んでいた食べ物や花などを
写真の前にお供えしお祈りします。

 

Posted in キリスト教, 法事・法要, 知識 | Comments Closed

 

「おとき」に参加される範囲は?

とくに決まりはありませんが
一般的には「ご親族まで」という考え方です。
これに、通夜・葬儀の受付をお手伝いいただく方
町内会の方などが加わる場合があります。
(地区ごとの慣習に則ります)

Posted in 法事・法要, 知識, 葬儀・葬祭の知識 | Comments Closed

 

「精進あげ」の意味は?

火葬後、または葬儀・告別式の終了後に設ける宴席を
一般に「精進あげ」「精進落とし」といいます。

※浄土真宗では「精進落とし」とはいいません。
また地方によっては「精進あげ」「忌中祓い」「精進落ち」
「お斎」「直会」「仕上げ」などと呼ばれています。

 

元来、魚や肉などを食べずに精進した中陰の区切りをつけ
日常生活に戻ることから「精進あげ」などといわれ
魚や肉など(なまぐさもの、とも呼ばれます)が出されました。

本来は「精進あげ」は四十九日の法要の後のお斎を言いました。
今では、これに葬列に使者との食い別れの宴席を設けたこと
葬儀後に手伝ってくれた人にお礼の振る舞いをしたことの2つがこれに合体しました。
また、地方からか集まった人が長い間は滞在できないこともあって
火葬、または葬儀・告別式後に行われるようになったと思われます。

善光会館では、葬儀当日に初七日法要を済ませるご家族が多くなりましたので
その後の宴席を「精進あげ」といいます。

精進あげの意味
①僧侶などの宗教者、手伝ってくれた方への感謝の席
②故人を偲んで食事をし、話をして交わる席

Posted in 法事・法要, 知識, 葬儀・葬祭の知識 | Comments Closed

 

「精進あげ」の参加範囲は?

精進あげに参加される範囲は、主に親族ということになります。

善光会館では
葬儀・告別式後、火葬を終えて初七日法要を済ませることがご家族が
多くなりましたので「精進あげ」はその後に執り行われますから
この時間帯まで残っているのは限られたご親族ということになります。

また、ご近所の方に「精進あげ」を振舞う慣習を持つ地区もいくつかあります。
この場合は、葬儀・告別式、出棺後に料理を用意します。
ご家族は火葬場に行かれている時間帯ですが
世話役の方の先導の下、式場で席を設けます。
(これを組内精進あげなどと呼びます。)

Posted in 法事・法要, 知識, 葬儀・葬祭の知識 | Comments Closed