神道

神道の法事(霊祭)

神道の場合は法事と呼ばず
霊祭(みたままつり)と呼ばれます。
霊祭を行う日を斎日(いみび)といい
亡くなった日から数えて十日ごとに行います。
霊祭は神社ではなく自宅や墓地、斎場で行います。

百日祭までの霊祭は
墓前または祭壇に故人の好物などを供え
神官に祝詞(のりと)奏上してもらい
玉串奉典(たなぐしほうてん)などの神事を行います。

十日祭
仏式の初七日に当たります。親族、知人を招き神職による祭儀を行います。

二十日祭
一般的に省略されることが多いようです。

三十日祭
仏式の三十五日にあたります。

四十日祭
一般的に省略されることが多いようです。

五十日祭
仏式の四十九日法要と同じく忌明けとされます。
「清祓い(きよはらい)の儀」の後に霊璽(れいじ)を御霊舎(みたまや)に移して祀る
合祀祭(ごうしさい)も併せて行うことが多いようです。

百日祭
亡くなって百日目に行われます。

式年祭
故人の祥月命日に行う儀式で、仏式の年忌法要にあたります。
一年歳、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭
三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きますが
一般に行事が行われるのは五十年祭まで。
とくに一、三、五、十年祭は盛大に行われます。

Posted in 法事・法要, 神道 | Comments Closed