お葬式の基礎知識 BASIC KNOWLEDGE

葬儀後について

キリスト教の法事

キリスト教 カトリック

キリスト教の場合仏式の法要にあたるものをカトリックでは追悼ミサといいます。亡くなって3日目、7日目、30日目に、教会で親族、友人、知人を招いて追悼ミサが行われます。その後、1年後の昇天祭(命日)に盛大に死者記念のミサを行います。以後、とくに決まりはありませんが、10年目、20年目に盛大なミサを行う場合があります。
追悼ミサでは、聖歌の斉唱、祈祷、聖書の朗読などが行われます。ミサの後は別室や自宅で茶話会などが開かれることが多いようです。

キリスト教 プロテスタント

故人の死後、1ヵ月後の昇天記念日に自宅や教会で記念集会を行います。自宅で行う場合は、祭壇を作り遺影と花を飾ります。牧師、親族、友人、知人を招き、一同が祈りを捧げ、礼拝が終われば追悼のための茶話会を開きます。その後は、1年目、三年目、7年目の昇天記念日に教会で追悼の記念集会が開かれます。キリスト教では、故人を祀る特別な慣わしはありませんが、十字架やマリア像を飾ったり家庭用の小さな祭壇を置く場合があります。思い出の写真を飾り、故人の好んでいた食べ物や花などを、写真の前にお供えしお祈りします。