法事・法要, 知識, 葬儀・葬祭の知識

中陰(ちゅういん)と満中陰(まんちゅういん)とは?

仏教では
人が亡くなってから浄土へ行って
次の生を受けるまでの間が中陰(ちゅういん)といわれ
この期間が四十九日であり
七日ごとにお寺様にお参りいただき「忌日法要」をします。

最初の忌日は
なくなってから七日後の初七日です。
以降、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(しなのか)
五七日(ごしちび)、六七日(むなのか)の忌日法要を経て
忌明け(七七日・四十九日)法要を営んで満中陰(まんちゅういん)となります。

なお、宗旨の一つである
浄土真宗ではご臨終と同時に極楽往生すると考えられてますので
中陰の法要の意味は故人を偲び、仏法に接するものと考えます。

Related Posts